1. トップページ
  2. いではの由来

いではの由来

たぐひなき おもい いではの さくらかな うすくくれなゐの 花のにほいは 都路を 思ひ いではの 朧の山 こきくれないの 花の匂ひぞ


八百余年前修験場で栄えた朧山を訪ねた 
西行法師が詠んだ詩で出羽国を「いでは」と読み歌った。

桜の西行と言われ、桜多い作品の中でも高い評価を得ている一句です。

西行は朧山を後にすると参道にあたる此の地
元木の鳥居(御立の鳥居・日本最古の石鳥居)を経て
白鷹、会津と岐路に向かったと伝えられ

西行とは、ゆかりの地である。

店内の様子

民家を改装した店内には、昭和のころの民家の面影がいたるところにあります。
くつろぎながら、おいしいそばの味をお楽しみください。

※写真をクリックすると大きい写真でご覧いただけます。

2018年に個人雑誌に掲載された当店の紹介

女将さんの「わっぱ蕎麦」

<2018年個人雑誌に掲載>

今回は、元気市場たかはし元木店北側の小路を西に入った「そば処いでは」さんにおじゃましました。
  暖簾をくぐりガラス戸を開けて中に入ると、「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくださったのは店主の加藤英子さん。
  頭にきりりと巻いた鉢巻がよくお似合いで、粋な姿はまさに「女将さん」と云う感じです。

 

Q:開店されたのは、いつですか?
  「西蔵王高原(山形市土坂)にある、そば処三百坊さんに14年間勤め、師匠にそば打ちを教えて頂きました。当時は店を開こうとは思っていなかったのですが、母に勧められて自宅に開店し、17年にになります。」

Q:お店の特徴を教えてください。
  「蕎麦は、つなぎが15%の外二打ち(そとにうち)です。私は力がないので、ジャンプし全体重をかけてそばを打っています。蕎麦の実の各層を取り分けないでそのまま挽き込む、挽きぐるみ(石臼挽き)のそば粉を使用しています。」
 「たれは、かえし(醤油と砂糖を混ぜ、半年間寝かしたもの)に、だし(厚削りの鰹節を1時間以上煮てとったもの)を混ぜ、昆布を4~6時間漬けた水で割って(薄めて)作ります。そうすると、さらっとしているがコクのある、まろやかなたれが出来上がります。」

Q:器にも特徴がありますね。
  「蕎麦が盛り付けてあるのは、開店する時に瀬戸物屋さんが勧めてくれた、秋田産の曲げわっぱです。伝統的で素晴らしく、蕎麦にとても合うので、笹の葉を添えてお出ししています。」


メニューには「もりそば」や「ざるそば」はなく、「わっぱ盛り蕎麦」と揚玉とネギが乗っているシンプルな「かけそば」のみで、冬期間は温かい蕎麦の「合鴨せいろ」がプラスされます。

「蕎麦と一緒にお出しする二つの付け合わせは日によって違い、季節の煮物にしたり、今日は何かな?とお客様に楽しんでいただいております。」

「単品メニューの天ぷら盛合せは、えび、げそ、かき揚げの他、地元産の季節の山菜やタケノコを使用して、地産地消を行っております。えごまや納豆のかいもちもお楽しみください。」と、女将さん。

室内にはクラシック音楽が流れ、和室に洋風音楽が合い、落ち着いた雰囲気です。お伺いしたのは5月、床の間には菖蒲の花と兜が飾られていました。飾り物は季節毎に代えるそうで、女性ならではの「おもてなし」を感じました。
 
  加藤英子さん、ありがとうございました。

雑誌の掲載内容から抜粋